SUMMER SONIC 2015 SUMMER SHOUT LOVES ARTIST & DISCOVERY

Presented by audio-technica

sound summer sonic オーディオテクニカでサマソニ全8ステージ完全網羅

【ソニックステージ】
ATH-M50xで紐解くサウンド、いかに真相に迫るか?

(3)「ソニックステージ」は、マニアもほくそ笑むネクストブレイク・アーティストや次代を牽引する最新サウンドと、時代を創り上げてきた重鎮の名パフォーマンスが交差する、サマソニのサマソニたるエリアのひとつだ。マニックやジョン・スペンサーのような百戦錬磨のキャリア組に、ウルフ・アリスのような最も初々しいUKロックやKEYTALKなどの若きハイブリッドサウンドが、一線上の時間軸でガチンコ勝負をかけるステージでもある。

「ソニックステージ」で火花散らせるアーティスト群と真正面から対峙するには、歴史的実績を持ったプロフェッショナル向け楽曲制作用モニターヘッドホンであるATH-M50xが最適ではないか。早耳の洋楽フリークやインディー・ロック好きにとっても、「ソニックステージ」出演のアーティスト群を楽しむには、スタジオでのサウンド環境をそのままに再現してくれる世界基準のスタジオモニターが都合いい。

picture

例えば、MEWのような空間演出とともにイメージを喚起するような広がりのあるサウンドの場合、顕微鏡を覗くような姿勢でエコー&リバーブ成分に注意を払うと、メランコリックな印象だったサウンドが力強く主張溢れる音像で作られていることに気付いたりもする。着目ポイントによって聴こえ方や楽曲の印象が大きく変わってくるという目からウロコの経験も、スタジオモニターとしてバランスのとれたATH-M50xの実力あってこそ、だと思われる。

ATH-M50xは、そのサウンドの素直さとリスニングの心地よさから、海外ではオーディオユーザーからも愛されているモデルだが、そもそもの設計コンセプトは、プロ用機材としてレコーディングや楽曲制作用モニターのためにデザインされたものだ。海外のスタジオでは毎日のように酷使され、数多くの現場を支えている。質実剛健を是とし、ファッショナブルなデザイン要素は排除され、高い堅牢性と素直で聴き心地の良い安定したサウンドを最大の強みとしている。実際、ATH-M50xは非常に実直なサウンドで、奇をてらったサウンドを一切出さない。その上で高解像度を有しているのが凄い点なのだ。

picture

キャストのような清涼感溢れるエヴァーグリーンなアコースティックサウンドも、ノイズとともに極限まで音圧を高めた大暴れするスレイヴスのサウンドも、シェパードの「Geronimo」のようなバンドサウンドの全てが8ビートのオンビートに重ねられたシンプルながら重厚なサウンドも、ATH-M50xでひとつひとつ聴きこめば、その魅力の根源をじっくりと突き止めることもできる。ソニックステージの攻略は、各アーティストのサウンドを紐解き、いかに真相に迫ることができるかにある。それを可能にするのは音楽の全てを暴き出すATH-M50xなのである。

なお、レコーディングのモニタリング用という性質上、ATH-M50xは通常のオーディオ関係ショップではなく楽器店や量販店楽器コーナーで販売されている。これトリビアね。

text by BARKS編集長 烏丸哲也

トップへ